小規模空港だからこそ、
思いを叶えられる。

PROFILE

旅客サービス課 旅客ハンドリング

古川 真有[2016年入社]

お客様を身近に感じながら、グローバルに活躍したい。

家族旅行で飛行機を利用し、幼い頃から航空業界に憧れていた私は、旅行やビジネス、帰省など、いろいろな人が集まる空港という特別な場所で働きたいと考えていました。なかでも、小規模な佐賀空港なら、お客様により近いところで接客しながらグローバルに活躍できるのではと当社を志望。現在は、航空券の発券や搭乗手続き、搭乗ゲートでの案内業務などを担当しています。お客様が空港内ではじめて接するスタッフであり、華やかなイメージもある一方で、飛行機の安全運航のために必要となる膨大な知識を学んでいます。

お客様からいただく「ありがとう」の笑顔がいちばんの喜び。

私が嬉しいのは、お客様からお褒めの言葉をいただけた瞬間です。先日も「お客様ファーストの接客だね」と声を掛けていただき、とても嬉しい気持ちになりました。仕事で大切なのは、お客様の声に耳を傾けること。お客様に求められるサービスを提供しようと努める中、目の前で「ありがとう」と喜んでいただけることが日々の喜びにつながっていますね。また、入社2年目から航空業界の仕事について大学生に伝えるエアラインスクール講師、入社4年目から新入社員教育を担当するなど、責任ある仕事を若手に任せてくれる社風も当社の魅力です。

ANAの魅力を発信し、佐賀空港からグループを盛り上げたい。

大学生で参加したエアラインスクールの講師から「相手に何かを伝える時、キレイな言葉を並べても伝わらない。泥臭い言葉でいいから自分が思うことを伝えることがいちばん」と教わったことを大切にしています。そんな私がめざすのは、障がいがある方をはじめ、飛行機が遠い存在の方にも利用しやすいサービスを提供すること。ANAグループ全体でチームワークを発揮して、世界中の方に選ばれるエアラインにすることを目標にしています。

オフタイムOff time

ANAグループの仲間とCSR活動に参加。
生き方まで変えてしまうほどの刺激がいっぱい!

長期休暇を利用して同期とヨーロッパを周遊。ANAのネットワークを通じて、海外で働く仲間とつながることもできます。また、アンコールワット遺跡の修復保全活動や東日本大震災の被災地で植林を行うなどCSR活動に参加。佐賀にいながら世界とつながり、生き方や考え方まで変えてしまうくらいの刺激を受けられるのも当社の魅力です。

他の先輩を見てみる

pagetop